【折り紙】PHiZZユニット 360枚組


P7272694_1

Phizz Unit(Phizz……フィズでいいのかな?)という幾何学的な模様が美しいユニットです。

スポンサーリンク

折り紙で作るPHiZZユニットの折り方・作り方

今回お世話になったのはこちらのサイト。

072702
Phizz Unit Origami: Torus | Matters of Grey

パーツの折り方の詳細はこちらの動画。


PHiZZ Unit Part 1 – YouTube

パーツそのものはそれほど複雑ではなくて。

P7232678_1
こんな感じで簡単に折ることができます。

P7232680_1セリアで買ったクラフト紙の折り紙から、色違いの4色を選んで折りました。

と、ここまではいいのですが。

実はこの作品を折るのに必要なパーツ数がめちゃくちゃ多くてですね。

P7232686_1
全部で360個!

ですが、ですがね。

本当に大変なのは、これらを360個折ることではなくて、折り上がったパーツを組み立てる時でした。

参考にしたサイトに、組みあげる時の図が掲載されているのですが、これを見ながらでも時々頭がこんがらがってしまって、

あぁ、もう嫌!

と何度思ったことか。それでもすでに360ものパーツを折ってしまっているので、今更諦めるのもなんだか悔しくって。

が、頑張りました……ゼイゼイ……。

P7272690_1出来上がりがこちら。

自分で作っておいて言うのもなんですが、久しぶりにものすごい達成感。

7.5センチ角の折り紙では少し大きすぎる気がしたので、5センチ角の折り紙で作ったのですが、出来上がりサイズは直径約28センチほどになりました。

P7272701_1厚みもしっかりとあって、想像以上にがっちりと組み上がっています。

全体的にぽってりとした丸みを帯びた形も可愛らしくて、ちょっと癖になってしまいそうな出来上がりです。

幾何学的な、どちらかと言えば男性的なデザインなので、逆にペールカラーの女の子っぽい色合いの折り紙で作ってみても可愛いかな、という気がします。

いえ、私はもう作りませんよ、もう作りません……、きっと……、たぶん……、ゴニョゴニョ……。

出来上がりの満足度はばっちりですので、時間と心に余裕のある方にとっては、十分に挑戦する価値のある作品だと思います。

ただ。

とっても大変です。

それだけは、間違いないです。

Name
PHiZZ Unit
Designer
Tom Hull
Video
PHiZZ Unit Part 1 – YouTube
Diagram
Phizz Unit Origami: Torus | Matters of Grey