【ハロウィンの折り紙】リアルな骸骨の手 by Jeremy Shafer


P9201935_r
ハロウィンに活躍する……かもしれない、折り紙で作るリアルな骸骨の手です。

かなりリアルな出来上がりなので、この手をたくさん折って壁にディスプレイしたら、雰囲気が出るかも、なんて思ったのですが、なんせひとつ折るのにかなりの労力が必要で、とてもじゃないけど、10個、20個と折る気にはなれませんでした。

スポンサーリンク

折り紙で作るリアルな骸骨の手の折り方・作り方

今回参考にしたのがこちらの動画。


Origami Hand Skeleton (Jeremy Shafer) – YouTube

トリッキーな部分はなく、折り方自体はわかりやすいのですが、とにかく折り紙を何重にも重ねます。その重ねた部分が1本1本の指になるので、せっせと折るしかないのですが、分厚くなった部分を折るのはかなり力がいります。

P9201938
15センチ角の折り紙でぎりぎり折れるかなぁ、くらいの感じでした(紫色の小さいほうの手は15センチ角、大きいほうは17.5センチ角で折ってます)。

P9201937
そんなわけで、裏側から見ると折り紙がぎっしりと折り重なっています。途中でペンチ使ってやろうかと思いましたもん、本当に。

でも、出来上がりを見ると、そのデザインセンスにほれぼれ。1度は折ってみて損のない作品です。

Name
Hand Skelton
Designer
Jeremy Shafer
Video
Origami Hand Skeleton (Jeremy Shafer) – YouTube