ゴキブリ(キンチョールの広告「超難解折り紙。」より)

ゴキブリ(キンチョールの広告「超難解折り紙。」より)

キンチョールの新聞広告にゴキブリの展開図が登場して話題になりましたね。
スポンサーリンク

折り紙で作るゴキブリの折り方・作り方

ゴキブリは苦手なので「う~ん、どうするか……」と少しばかり悩んだのですが「超難解折り紙。」と言われてしまっては、気になって気になって仕方ありません。

というわけで、作ってみました。

ですが、やはりゴキブリはゴキブリ。今回は画像少なめでお送りします(笑)

▼ キンチョールの公式サイト

超難解折り紙。 | 新聞広告 | KINCHO 大日本除虫菊株式会社

ゴキブリの元となる展開図付きの折り紙がダウンロードできるようになっています。

が、ほぼ真っ黒なだけですので、私は15センチ角の黒色折り紙で折りました。


2017 KINCHO新聞広告「超難解折り紙」の折り方 – YouTube

約55分の動画です。

かなりの長さなのですが、とにかく折り方の説明がていねい。普段あまり折り紙を折らない人にもわかるように、といった配慮をひしひしと感じます。

YouTubeにある折り紙動画が全部これくらいていねいならいいのに。

そんなことを思いながら黒い紙と約1時間向かいあいました。

スポンサーリンク

折り紙のごきぶりの完成♪

ゴキブリさん。

15センチ角の折り紙でも、できあがりは実物より少し大きめになります。

裏側。

足の付き方があまりに本物そっくりで、自分で折ったというのにゾワゾワしてしまいました。
(~_~;)

後々まで残しておきたい作品……ではないです。

Twitter界隈でも、小一時間頑張ってできあがったのがこれか!?といった衝撃が走っていましたね。その気もち、良くわかります。

でも。

今回のキンチョールの広告がきっかけになって、折り紙の魅力に気づいてくれた人がひとりでも多くいればいいな、とそんなことを思っています。

折り紙というと、どうしても子どもの頃に折っていたピョンピョンガエルや折り鶴のイメージが強くて、大人が楽しむにはちょっとね、と思い込んでしまっている人が多いように感じます(私も少し前まではそうでした)。

でも、そういった簡単に折れる折り紙とは別に、大人が楽しむに十分な完成度の高い折り紙もあるんだってこと。

そのことが少しでも伝わったならば、むしろゴキブリ様々です。

あとは。

超ごきぶり嫌いの方に「ゴキブリ=折り紙」のマイナスイメージが染みつかないことを祈るばかりです。
“o(* ̄o ̄)o”

それにしても今回の新聞広告、どなたが作ったのだろうと思っていたら、作品、動画、展開図などの制作に協力したのは「おりがみはうす」。ゴキブリを作ったのは勝田恭平さん(公式サイト)とのことでした。やはりその道のプロがかかわっていたんですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう