【折り紙】基本の花くす玉

P1273354

華やかさと可愛らしさ。その両方を持っている基本の花くす玉です。

5個のパーツで花が1個。

その花が12個でくす玉が1個。

5 × 12 = 60

というわけで、ひとつのくす玉には60個のパーツが必要です。

作るのにそれなりの時間はかかるのですが、パーツ自体は簡単に作れるので、ぜひ気軽にチャレンジして下さいね。

花びらが5枚ある花たちの集まりなので、ピンク色の折り紙で折ると桜の花にも見えて、とても可愛いんです♪

スポンサーリンク

折り紙で作る基本の花くす玉の折り方・作り方

15センチ角の折り紙を縦横3等分した5センチ角折り紙を60枚使いました。

最初は7.5センチ角で折ったのですが、大きすぎてあまり可愛く見えませんでした。この辺はお好みで♪

▼ 三角形になるように半分におります。

▼ 線の位置で谷折り。

▼ もう一回谷折り。

▼ 折りすじをつけたらいったん開きます。

折りすじをつけたら、いったん開きます。

▼ 袋の部分を開いてから、つぶすように折ります。

▼ 開いて……。

▼ つぶす! 反対側も同じように。

▼ 折り返します。

▼ 線の位置で谷折り。

▼ くるりと巻くようにして白い部分を貼り合わせます。

▼ 同じものを5個作ったら、白い部分にのりをつけて貼り合わせていきます。

▼ 花の完成。これだけでも十分かわいいのですが。

▼ この花をどうしを12個貼り合わせると、もっとかわいい基本の花くす玉が出来上がります。

——–

P1273357

花びらの先端~少し下の位置あたりにノリをつけて、花どうしを貼り合わせます。

P1273360

花6個でまずは半球。

残り6個でもうひとつ半球。

のりが乾いたら、半球どうしを貼り合わせて、球形のくす玉に仕上げました。

で。

めちゃくちゃ可愛いです(笑)

プレゼントされてもテンションのあがる可愛らしさですが、自分でつくるとさらに愛着がわきまくりです。

皆さんも、ぜひ試してみて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう