【折り紙】桜の花咲くリース

桜の花咲くリース

お気に入りのクリスマスリースを桜の花仕立てにしました😊

スポンサーリンク

桜のリースの折り方・作り方

以前にご紹介した「折り紙で作るクリスマスリース」。

この投稿の中で
『色を変えればクリスマスだけでなく、ハロウィン、お正月、桜……など、様々なバリエーションのリースが完成します。』
とご紹介したのですが、覚えている方……あっ、いませんよね💦

まぁ、とにもかくにもそんなわけで、かねてより予定していた桜の花のリースを作りました。

折り紙で折る満開の桜のリースの作り方 – DIY How to Make Paper Cherry Blossom Wreath – YouTube

詳しい作り方は動画を参照下さい。

こちらではポイントを説明します(^^)

▼ パーツを作る

花くす玉に使用されるパーツと同じものです。

このパーツをですね。

たっくさん作ります。

具体的な数字で言いますとですね……。

280個!です。

これでも前回のクリスマスリースの300個にくらべると、20個少なくなっております。

280個っていうとかなり大変そうに思うかもしれないのですが、テレビやYouTubeを見たり、音楽を聞いたりしながら作っていると、案外とあっさり作れてしまいますので、心に余裕をもってぜひお取り組み下さい。

280個のパーツはすべて15cm角の折り雅味を縦横4等分(全部で16等分)した

3.75cm角

の折り紙を使用しています。

▼ 花

パーツ5個を貼り合わせて1つの花を作ります。

280個すべてのパーツを貼り合わせると56個の花ができます。

▼ 花のかたまり

さきほど作った花6個を貼り合わせて1つの花の塊をつくります。

今回はすべてを使わずに花の塊は8個だけ作ります。
残った花8個はそのままです。

▼ こんな感じ

これで花の準備は完了です。

▼ 台紙に貼る

直径16cmのドーナツ型の台紙に花の塊と花とを交互に貼り付けます。

▼ ビーズをのせる

花の中心部分にパールビーズを貼り付けて華やかさと儚さをプラスします。

桜の花のリースの完成

リースの中央部分が少し寂しかったのでタグを下げました。

今回は薄いピンク色の折り紙と、少し濃いめのピンクの折り紙を使用しましたが、もう少し白っぽい折り紙でも良かったかな、と思っています。

でもあまり白っぽくしすぎると、今度は桜感が薄くなってしまうので、この辺のバランスが難しいですね。

色々と試してみるのも楽しいものです。
この調子だと色を変えれば、まだまだ色々なリースが作れるなぁ、と思っている自分がいたりましす(笑)

以上、桜の花咲くりーす、よろしければぜひお試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました