【クリスマス】折り紙で作るクリスマスリース

伝承のくす玉をアレンジして、可愛いクリスマスリースに仕立て直しました。
スポンサーリンク

クリスマスリースの折り方・作り方

以前にご紹介した「基本の花くす玉」。

YouTube⇒折り紙で作るクリスマスリースの作り方 – [Re-upload] DIY How to Make Paper Christmas Wreath / Tutorial – YouTube

以前にご紹介した「基本の花くす玉」。

この花くす玉にアレンジを加えて、クリスマスリースにしてみました。

色を変えればクリスマスだけでなく、ハロウィン、お正月、桜……など、様々なバリエーションのリースが完成します。

▼ パーツを作る

詳しい作り方は動画を参照して下さい。
ここではポイントだけ説明します(^^)

最初に言っておきます。
パーツは全部で300個必要です。
300個です。

「こんなに必要だと思わなかった~」という声をよくいただくのですが、リースともなるとどうしてもこのくらいの数になってしまうので、どうぞ覚悟してお取り組み下さいませ(笑)

で、そのパーツ。

3.75㎝角の折り紙を利用しています。

このサイズで作ると、広げた両手にちょうど乗るくらいの、リースとしてはわりと小ぶりのものができあがります。

折り紙のサイズを大きくすればもっと大きなものもつくれますが、その際は、変形を防止するために段ボールなどの厚紙をリースの裏側に貼り付けて補強することをオススメします。

▼ 花

パーツを5個を貼り合わせて、まずは花1個。

同じものを6個作ります。

▼ 花のかたまり

先ほど作った花を6個貼り合わせて、花のかたまりをつくります。

これまた同じものを10個作ります。

▼ リースの形にする

花のかたまりをリースの形になるように貼り合わせます。

クリスマスリースの完成

リボンやビーズでおめかしをしたら出来上がりです。

自分で言うのもなんですが、とっても可愛いリースです。

よろしければぜひお試しください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タイトルとURLをコピーしました