【折り紙】六角形のふっくら立体的な星

星にも花にもヒトデにも見える(笑)

スポンサーリンク

折り紙で作る六角形の立体的な星の折り方・作り方

今日から11月。
というわけで、気分はすっかりクリスマスです(笑)

私が子供の頃はクリスマスといえば12月スタートだった気がするのですが、最近では10月からクリスマス商品を並べるお店も増えましたね。特に今年のニトリは早かった(~_~;)

というわけで、今回ご紹介するのはふっくらと立体的な六角形の星です。

ふっくらしているせいか、はたまた六角形のせいか、見方によっては星にも花にもヒトデにも見える万能選手なお星様です。

▼ヒトデは五角形ですけど。

なんて話はさておき。

今回参考にしたのはこちらの動画です。


Origami Hexagon Puffy Star Tutorial – Paper Kawaii – YouTube

正方形の折り紙を六角形に切り出してから折り始めます。

▼六角形

当サイト「折り紙インテリア」内でも六角形の切り出し方をご紹介しています。
正方形の折り紙から六角形を切り出す方法

動画とは方法が少し違うのですが、まぁ、こんな方法もあるよってことで(^^)

スポンサーリンク

六角形の星の出来上がり

15センチ角の赤×黄色の折り紙で折りました。

赤色なんで、まるでポインセチアのようです。
どうせクリスマスに飾るなら、星じゃなくてポインセチアって言い張るのもありかなぁ、なんてちょっと思っています(笑)

裏側です。
裏から見ると、正真正銘の星ですね。

折り紙の裏側が見えるタイプの作品なので、折る時は両面折り紙か、カラーコピー用紙などがおすすめです。

左が15センチ角、右が7.5センチ角の折り紙で折りました。

小さな折り紙で折ったほうが出来上がりがコロンとして、可愛さ20パーセント増しなんですがその分折るのがちょいと面倒です。

花びら(?)部分の重なりが少なくなってストッパーの役割を果たさなくなるので、膨らませる時にどうしても全体が開いてしまうのです。

なので、小さいほうはボンドで所々をのり付けしています(^^;)

ツリーに飾るなら、真っ白な紙を使っても素敵そうです。

見た目は可愛くて簡単に折れそうなのですが、そこそこ時間のかかる作品なので(難しいわけではない)もしもクリスマスツリーにたくさん飾ろうと思われましたら、お早めの準備をおすすめしますです。

以上、折り紙で作る六角形の立体的な星の折り方・作り方のご紹介でした。

ではでは。

Name
Origami Hexagon Puffy Star
Designer
Paper Kawaii
※Peter Keller氏にも同じような作品があるようです。
Video
Origami Hexagon Puffy Star

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう